日本電気技術規格委員会(技術基準の解釈等への引用規格)

低圧及び高圧架空電線用防護具による植物との離隔距離
分 野 電気設備
No. 34
JESC規格番号 JESC E2020(2016)
規格名 耐摩耗性を有する『ケーブル用防護具』の構造及び試験方法
関連条文 解釈第79条,解釈第106条
委員会での承認日 2016.12.1
引用要請書の提出 2016.12.19
引用開始日 2017.8.14
関係専門部会及び所管団体 配電専門部会 (一社)日本電気協会
規格の概要  本規格は,植物と接近した箇所に施設する特別高圧架空ケーブル又は高圧架空ケーブルを防護するために使用する「ケーブル用防護具」の構造,材料及び試験方法について規定した。
 本規格で規定した構造,材料及び試験方法による「ケーブル用防護具」を,特別高圧架空ケーブル又は高圧架空ケーブルに使用することにより,樹木接触による危険性の回避及び樹木対策の煩雑化を避けることが可能となる。
 なお,本規格により規定した「ケーブル用防護具」は,植物に接近した箇所に施設する特別高圧架空ケーブル又は高圧架空ケーブルを防護するためのものであり,架空絶縁電線を防護するために使用することはできないので注意が必要である。
制定・改定の経緯 2010.11.18 第61回JESCで承認され,2011.12.7に原子力安全・保安院へ引用要請を提出した。 2011.7.1 電技解釈が全面改正され,第79条,第106条に引用された。 2016.12.1 第89回JESCで承認され,2016.12.19に経済産業省電力安全課へ引用要請を提出した。 2017.8.14 電技解釈の改正により最新版が関連条文に引用された。
JESC規格のダウンロード(59KB)
日本電気技術規格委員会(JESC)事務局
〒100-0006
東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビルヂング 北館4階 日本電気協会 技術部内
TEL :03-3216-0553  FAX :03-3214-6005