日本電気技術規格委員会(技術基準の解釈等への引用規格)

橋又は電線路専用橋等に施設する電線路の離隔要件
分 野 電気設備
No. 34
JESC規格番号 JESC E2016(2017)
規格名 橋又は電線路専用橋等に施設する電線路の離隔要件
関連条文 解釈第129条/解釈第130条
委員会での承認日 制定;2006.11.24制定
確認;2012.10.10(第69回委員会)
改定;2017.10.3(第93回委員会)
引用要請書の提出 2017.11.13
引用開始日 2018.10.1
関係専門部会及び所管団体 送電専門部会/配電専門部会 (一社)日本電気協会
規格の概要  電技解釈第129条「橋に施設する電線路」、第130条「電線路専用橋等に施設する電線路」では、「高圧電線路若しくは特別高圧電線路の電線と他の工作物との間に耐火性のある堅ろうな隔壁を設けて施設する場合」又は「高圧電線路若しくは特別高圧電線路の電線を耐火性のある堅ろうな管に収めて施設する場合」を除いて、他の工作物との確保すべき離隔を規定している。
 今回,電技解釈など関連法令の改正に伴いJESC規格の改定が行われた。
JESC規格のダウンロード(1.3MB)
日本電気技術規格委員会(JESC)事務局
〒100-0006
東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビルヂング 北館4階 日本電気協会 技術部内
TEL :03-3216-0553  FAX :03-3214-6005